ベビーシッターになるには?必要な資格

ベビーシッターの副業と資格

子育て経験のある主婦の副業として人気のあるベビーシッター。

 

働くお母さん方の代わりに子供のお世話をするのがベビーシッターです。

 

少子化なのにニーズはあるの?と思われがちですが、共働きの家庭が増え、現在子供を預けたい家庭が増加、ですが、保育所に預けたくても預けられない家庭も多いんです。

 

そんな「待機児童問題」を解消するために保育所や託児所の増加、自宅で副業ができる「保育ママ」制度など、ベビーシッターの働く場所は確実に増えています。

 

【ベビーシッターの副業場所】

 

保育所、レストラン・デパート・ホテル・イベント会場等の託児ルーム、依頼者の自宅

 

ベビーシッターの派遣会社に登録し、仕事を紹介してもらう

 

自宅で保育ママの副業も可能!

 

そして、ベビーシッターの年齢は20才代の若い方から60才代の方まで幅広く、就職に不利になる年齢さえも有利になるのがベビーシッターの最大の魅力ではないでしょうか。

 

現在、出産を控えている女性が、将来の事を考えてベビーシッターの資格取得を目指している人も増えています。

ベビーシッターに必要な資格

ベビーシッターの副業に絶対に必要な資格はありません。

 

ですが、ベビーシッターの求人募集等をみると、未経験者OKとなっていても、やはり「要資格保持者」となっている事が多いのも事実ですし、将来自宅で独立開業がしたいならプロの証・資格は必須!

 

大切な子供を預かるのですから、いくら子育ての経験があっても自己流ではNGです。

 

働くお母さんの立場になってみても、何も資格を持っていない人は不安です。

 

子育て経験がなくても、急病やけがの応急手当等、きちんとした対応ができる、資格を持っているベビーシッターになら安心して預けられます。

 

ベビーシッターの副業に有利な資格

 

通信講座で在宅試験可能で取得できる!

 

  • ベビーシッター資格
  • チャイルドコーチングアドバイザー資格
  • チャイルドカウンセラー資格

 

やっぱり強い国家資格!

  • 保育士

国家資格で難易度は高いですが、あらゆる面で活躍が期待でき、就職の幅も広がります。

 

  • チャイルドマインダー資格

嵐のメンバーが取得した事で話題になった注目の資格です。。

 

ベビーシッター・チャイルドマインダー・保育全般の資格・スクール・通信講座まとめて比較できます。
↓↓↓

ベビーシッター
brushup学びは資格探し・スクール・通信講座情報サイトです。
気になる講座を20件までまとめて無料資料請求ができるのでベビーシッターの資格・通信講座をじっくり比較検討したい方におすすめです。

 

通信講座でベビーシッターの資格が取れる

ベビーシッターの資格を持っていると副業に大変有利です。

 

長く副業を続けたい方は資格を取得しておきましょう。

 

通信講座で取れるベビーシッターの資格もありますので紹介したいと思います。

 

通信講座は自宅で自由な時間に勉強できるので、忙しい主婦の方にオススメです!

 

しかも通信講座の中には自宅試験で資格取得可能な通信講座もありますから、在宅試験なら、会場で試験をするよりもかなり有利になります。

 

在宅試験可能なベビーシッターの通信講座

 

  • チャイルドコーチングアドバイザー資格
  • チャイルドカウンセラー資格
  • ベビーシッター資格

 

ベビーシッター・チャイルドマインダー・保育全般の資格・スクール・通信講座まとめて比較できます。
↓↓↓

ベビーシッター
brushup学びは資格探し・スクール・通信講座情報サイトです。
気になる講座を20件までまとめて無料資料請求ができるのでベビーシッターの資格・通信講座をじっくり比較検討したい方におすすめです。

ベビーシッターと保育士の違い

基本的には、保育士は集団保育を中心とした保育所、ベビーシッターは少人数の子供を保育します。
※例外もあります

 

保育士の資格をもっていればベビーシッターの副業はできますが、ベビーシッターの資格で保育士の仕事や就職は難しいと考えても良いでしょう。

 

【どちらが就職・転職・副業に有利?】

 

保育士です。

 

保育士は難易度の高い国家資格。

 

保育所や託児所の求人情報で求められる資格が多いのも保育士です。

 

【未経験者でも取得できるのは?】

 

ベビーシッター。

 

ただし、ベビーシッターの資格にもいくつか種類があり、未経験者でも試験で取れる資格もあれば試験を受験するのに実務経験が必要な資格もあります。

 

保育士の資格試験は誰でも受けられるというわけではありません。

 

受けるには条件を満たしておく必要があります。

 

【資格取得に時間、お金がかからないのは?】

 

ベビーシッターです。

認定ベビーシッター資格試験について

ベビーシッターの副業に有利「認定ベビーシッター」とは「全国ベビーシッター協会」が与える、認定資格です。

 

認定ベビーシッターの資格は試験で取得できます。

 

資格試験を受けるには受験資格があり、以下の要件をすべて満たさなければなりません。

 

(1) 18歳以上(高校生除く)

 

(2) 以下の@Aいずれかの研修を受講し修了していること。

 

@研修I・ 研修IIを受講し、修了証を有していること。

 

A居宅訪問型保育基礎研修を受講し、修了証を有していること。

 

(3) ベビーシッターの実務経験を有していること。

 

ベビーシッターの実務経験とは、以下のいずれかにおける実務経験(のことをいいます。( 時間数は問いません)

 

(1)ベビーシッター(在宅保育)、

 

(2)ファミリー・サポート・センター事業、

 

(3)地方公共団体が実施する家庭的保育制度(保育ママ等)、

 

(4)協会会員が運営する保育施設

 

合格率は例年90%以上
※研修内容を正しく理解していれば合格できる