販売士の資格・取得方法

販売士(リテールマーケティング)の資格とは

販売士はその名の通り、販売に関する専門知識を持っている事を証明する資格です。

 

試験名は2015年からリテールマーケティング検定試験と変更されました。

 

この販売士という資格でしか販売ができないという商品がある訳ではありません。

 

販売・接客の唯一の公的資格で小売・流通業界から高い評価と信頼のある資格になります。

 

販売士は、接客マナーだけではなく経営術・マーケティング能力・商品知識・仕入れや管理など売り場作りの専門知識をもった販売のプロ。

 

デパート・スーパー、専門店、百貨店、メーカー、卸売業、飲食業など幅広い業種で必要とされています。

 

就職・転職はもちろん、現在ショップ店員の仕事をしている人がスキルアップや昇進のために資格を取る人が増えています。

 

販売士の資格を取得する方法はリテールマーケティング検定試験に合格する事です。

 

販売士の試験は年に1回、もしくは2回ですから、一発合格をめざしたいですよね!

 

合格率は50%前後。

 

しっかり勉強すれば資格取得は難しくありません。

 

資格の試験対策はテキスト等を購入して独学でも勉強できますが、通信講座などで効率よく勉強する方法もあります。

 

日商指定の通信講座を修了すれば試験科目が一部免除されます。

 

資格取得は効率よく学べる通信講座で試験対策できます。
講座内容はそれぞれ違いますので資料などを請求ししっかり比較してくださいね。
販売士

資料請求は無料です。

販売士の資格取得のメリット

 

*現在ショップ店員などで販売・接客に関わる仕事をしている人のスキルアップに。

 

*社会的評価が高い公的資格。

 

*就職や転職でアピールポイントになる。

 

*販売が未経験でも自信につながり即戦力にもなれる。

 

*受験資格がなく誰でも受験できる。資格取得に取り組みやすい。

 

*将来経営者として独立開業を目指す人にも、販売士の資格は有効!(1級レベル)

 

販売士の資格は1級〜3級まであり、リテールマーケティング検定試験を受けて資格を取得します。

 

試験を受けるのに年齢制限や受験資格はありません。

 

高校生の資格取得者も増えています。

 

販売士試験対策通信講座はこちら→販売士
資料請求は無料です。

販売士の資格・取得方法関連ページ

販売士資格試験概要
販売士の資格試験1級・2級・3級のレベル、試験内容や試験時期・合格率・標準学習期間など
登録販売者資格と試験
登録販売者資格は薬剤師にしか販売できなかった一般用医薬品販売ができる資格です。就職先はドラッグストア・薬局以外でも医薬品を扱う店ならどこでも。登録販売者の特徴・取得のメリット・取得方法・受験資格などをご案内!