登録販売者資格と試験

登録販売者ってどんな資格?

登録販売者は、一般用医薬品(二類(指定二類含む以下の医薬品)が販売できる資格です。

 

今までは薬剤師しか販売ができなかった医薬品の一部(一般用医薬品(かぜ薬や鎮痛剤など))が薬事法の改正によって、販売ができるようになりました。

 

ドラッグストアや薬店以外でも一般用医薬品を取り扱えるようになったので、医薬品を販売するコンビニやスーパーで登録販売者を雇用する企業が増えたり、需要が期待されています。

 

また、就職や転職のためだけではなく、現在ドラッグストアで勤め、資格を取ってキャリアアップを図る人も増えています。

 

登録販売者の資格を取得するには条件がありますが、比較的取りやすい資格です。

 

認知度が高くなり、資格取得を目指す人が増えると、難易度も上がるといわれているので、資格を取るなら今がチャンスとも言えます。

 

今現在ドラッグストアや薬局で働いている人で受験資格をクリアしているなら、資格を取得しておきたいですね。

 

●登録販売者の就職先●

 

薬剤師がいなくても一般用医薬品の販売が可能になりました。

 

そのため今後は薬局・ドラッグストア以外でもコンビニやスーパー、独立開業も目指せます。

 

登録販売は医薬品を扱う店には必ず必要になるため、異業種の医薬品販売の参入など、ますます就職先は増えると期待されています。

登録販売者の特徴

・最終学歴は中卒でも取得でき、薬剤師と比べると学費などの経済的負担が比較的安く取得できる。
つまり、資格が取りやすい。

 

・公的資格で社会的評価の高い資格

 

・就職先が多様化
ドラッグストア・薬局に限らず医薬品を販売する店ならどこでも
全国各地で探せます。
引越しても就職先には困りません。

 

・現在薬局・ドラッグストアで働いている人のスキルアップに。
資格手当が付いたり、高い評価があるため給料アップも期待できます。

 

・新資格のため世間的認知度の低い今が資格取得・就職のチャンス。

 

・独立開業も可能な資格

 

 

登録販売者の資格を取得する方法は試験に合格する事です。
テキスト等を購入して独学でも勉強できますが、試験対策通信講座などで効率よく勉強する方法もあります。
独学では得られない最新情報が手に入るのも通信講座ならでは。

 

登録販売者試験対策通信講座はこちら→登録販売者
資料請求は無料です。

登録販売者の資格取得方法と受験資格

改正により、学歴・実務経験など下記のような受験資格は撤廃。誰でも受験することができます。

 

 

登録販売者の資格試験は各都道府県で開催されていますので、受験を受けて合格すれば登録販売者の資格を取得できます。

 

登録販売者の試験を受験するには受験資格が必要です。

 

実務経験など細かい規定があるので試験を受ける前に必ず確認をしてくださいね!

 

●登録販売者の受験資格●

 

・高校卒業・大学卒業で一年以上の実務経験

 

・中学卒業で4年以上の実務経験

 

・6年制薬学部又は旧4年制薬学部等の卒業者

 

実務経験はアルバイトやパートでも可能ですが販売業である事。

 

医療事務や調剤薬局事務などは実務経験として認められない場合もあります。

 

試験は年一回以上で各都道府県によってばらつきがあります。

 

登録販売者資格と試験関連ページ

販売士の資格・取得方法
ショップ店員・販売業の企画・経営術・マーケティングなど売り場作りなど販売のプロの資格販売士の資格・通信講座について
販売士資格試験概要
販売士の資格試験1級・2級・3級のレベル、試験内容や試験時期・合格率・標準学習期間など