ペット介護士の資格と通信講座

犬・介護の資格ペット介護士資格とは

犬の寿命は数年前までは平均12年。
ここ最近は平均17年寿命が延びたといわれています。

 

犬の高齢化の理由

 

・医療の発達
・ワクチン接種の普及
・室内飼いなどペットの生活環境の変化

 

そのため飼い主は老犬の介護・治療・病気の早期発見が必要になります。

 

ペットにも人間の介護士と同じようにペット介護士(動物介護士)といった資格があります。

 

ペット介護士(動物介護士)とは、犬や猫、ペットが長く健康に暮らすために必要な、ペットの介護の知識を学び、証明するための民間資格です。

 

ペット介護士(動物介護士)の資格を身につけるために、
犬や猫の基礎知識、
犬や猫の行動
健康管理
病気の知識
しつけ
トリミング
トレーニング
などペットの介護面だけではなく、ペットにかかわる仕事に就くために必要な知識まで幅広く学ぶことができます。

 

飼い主さんの場合、ペット介護士の資格を身につければ大切な愛犬の介護として、老犬のための栄養食、病気の予防や早期発見、などにも役立ちます。

 

また、ペット介護士としての知識を証明する事ができる資格ですのでペットにかかわる仕事(動物病院やペッショップなど゚)への就職にも有利になります。

 

ペットに関わる仕事に就職するために、愛犬が長く健康に暮らすために、ペット介護資格を取る人が増えています。

ペット介護士(動物介護士)の就職

ペット介護士(動物介護士)の資格はまだあまり広く一般に認知されていないため、【ペット介護士】を専門職として求人募集しているところはあまりありません。

 

ですがペット介護士(動物介護士)の資格は、犬や猫の介護だけではなくしつけやトリミング、犬や猫の生態などペットに関する様々な必要知識を学ぶ事ができますから、それを証明する資格となり、犬や猫にかかわる仕事(動物病院やペットショップなど)の就職には大変有利になります。

 

また、ペット介護士(動物介護士)の資格を生かして、ペット介護の教室など独立開業の道も開くこともできます。

 

ペット介護士(動物介護士)の資格はペットブームとペットの高齢化によりできた新らしい分野ですから、これからますますニーズが広まっていと考えられます。

 

ペット関連の資格・通信講座はこちらから→動物・ペットに関するスクール&通信講座
資料請求は無料です。

ペット介護士(動物介護士)の通信講座

ペット介護士(動物介護士)の資格は民間資格ですので試験はありません。

 

通信講座で資格を取る事が可能です。

 

ペット介護士(動物介護士)の通信講座でペットの介護・知識を幅広く学び、テキスト修了後合格点をとればペット介護士の認定を受ける事ができます。

 

ペット介護士(動物介護士)の通信講座では、自宅で空いている時間に勉強する事ができるので仕事との両立も可能です。

 

ペット介護士(動物介護士)は
●犬や猫の基礎知識
●犬や猫の種類
●犬や猫の行動・生態
●健康管理
●健康を維持するためのペットの食事
●病気の早期発見
●病気と応急処置
●しつけ
●トリミング
●トレーニング
などの知識を身につけます。

 

ペット介護士の通信講座をまとめて資料請求→動物介護士

 

 

ペット介護士の資格と通信講座関連ページ

老犬の病気と食事
老犬のかかりやすい病気と症状、老犬の食事について
ペットアロマセラピストペット看護師の資格
ペット介護士・ペットアロマセラピスト・愛玩動物飼養管理士・ペット看護士などペットの資格について紹介しています。
ペットの販売家庭動物販売士
犬や猫などの小動物の販売の専門的な知識を証明する「家庭動物販売士」「ペット販売士」の資格について