ペットの販売家庭動物販売士

家庭動物販売士(ペット販売士)の資格とは?

家庭動物販売士とは、犬や猫、小動物、小鳥、爬虫類など飼育方法や餌の選び方・与え方などの専門的なアドバイスができ、動物(ペット)の販売を行う専門的な知識を持っていることを証明する資格です。

 

不況の今でもペットビジネスは成長を続けています。

 

将来ペット販売など、ペットビジネスで独立開業をしたいと考えている人にもおすすめの資格です。

 

また、家庭動物販売士はペットの販売に対する知識だけではなく、犬や猫の病気の知識、動物の適正な繁殖方法などの知識も備わるため、現在動物(ペット)を飼っている人も是非取得しておきたい資格とも言えます。

 

就職はペットショップやブリーダー、動物(ペット)に関わる仕事全般の就職に有利な資格です。

 

同じような資格でペット販売士という名称のペット資格があります。

 

民間資格で資格検定試験はありません。

 

専門学校や学会の認定校を修了し合格点を取れば取得できる資格です。

 

ペット販売士の資格とは?家庭動物販売士と比較

家庭動物販売士(ペット販売士)の就職

家庭動物販売士(ペット販売士)は、ペットショップに就職したり、ペット販売の仕事をするのに必ず必要な資格ではありません。

 

スキルアップや動物(ペット)の知識を増やしたい人が取得する資格といえます。

 

現在ペットショップで働いている人がスキルアップに、

 

また、独立開業・ネット販売事業など新たな将来の目標ができるかもしれません。

 

将来動物(ペット)に関わる仕事をしたい人

 

資格を持っていれば、就職の際大きなアピールポイントにもなります。

 

就職先はペットショップ、ペットサロン、ペットカフェなど・・・動物(ペット)に関わる仕事全般に有利です。

 

すでに、将来独立開業したいと考えている人、経験があっても、自己流の知識はNGです。

 

動物の専門的な知識は必要不可欠です。

 

家庭動物販売士・ペット販売士・ペット関係のスクール・通信講座はこちら
動物・ペットに関するスクール&通信講座
気になる通信講座を一括資料請求できます【無料】

家庭動物販売士3級 試験概要

家庭動物販売士(3級)受験資格

 

以下の条件をすべて満たした者を対象としています。

 

・飼養動物に関する学校その他の教育機関を卒業したもの及び卒業見込みの者

 

・ペット動物などに関する資格を有している者

 

・ペット動物販売店等で働いているもの又は働くことを希望している者

 

出題科目  
1.動物取扱業者の職業倫理
2.動物販売に必要な基礎知識と技術
3.動物の展示方法と衛生管理
4.動物の健康管理
5.動物の適正な繁殖方法

 

試験開催時期
例年1月から2月に全国の会場で

 

資格の有効期間
2年間

家庭動物販売士2級 試験概要

家庭動物販売士(2級)受験資格

 

以下の条件をすべて満たした者を対象としています。

 

・家庭動物販売士(3級)資格保持者

 

・動物取扱業に関する実務経験を2年以上有する者

 

実務経験は、家庭動物販売士(3級)資格を取得する以前の経歴も含みます。

 

出題科目 
1.動物取扱業の社会的責任と役割
2.動物関係法令
3.犬と猫の飼養管理
4.動物の展示と周辺環境の保全
5.家庭動物(犬猫以外)に関する知識

 

試験開催時期
例年1月から2月に全国の会場で

 

資格の有効期間
5年間

 

家庭動物販売士・ペット販売士・ペット関係のスクール・通信講座はこちら
動物・ペットに関するスクール&通信講座
気になる通信講座を一括資料請求できます【無料】

ペットの販売家庭動物販売士関連ページ

ペット介護士の資格と通信講座
ペット介護士の資格について、ペット介護士の就職、通信講座などを紹介しています。
老犬の病気と食事
老犬のかかりやすい病気と症状、老犬の食事について
ペットアロマセラピストペット看護師の資格
ペット介護士・ペットアロマセラピスト・愛玩動物飼養管理士・ペット看護士などペットの資格について紹介しています。