児童英語教師の仕事と活躍の場

児童英語教師の資格で独立開業

児童英語教師になり子供に英語を教える仕事を職業にしたい!!

 

それでは仕事を始めるにはどうすればいいのでしょうか?

 

自宅を教室にして開業

 

自宅を児童英語教室にして開業する方法です。

 

フランチャイズに加盟して英会話スクールを開く方法と完全に独立して教室を開く方法があります。

 

(フランチャイズ)
フランチャイズとは簡単にいえば、フランチャイズ本部に加盟金を支払い、名前を借りてお店を営業するビジネスの事です。

 

CMでも放送されている子供英会話スクールECCジュニアのホームティーチャー等も有名ですね。

 

他にもキッズブラウン、WinBe ウィンビーなど。

 

働き方は比較的自由なため、主婦の副業としても人気があります。

 

研修などもあるため、未経験でも安心して働けます。

 

加盟金は数万円〜数百万円と様々。

 

収入の何割かはフランチャイズ本部に納めるところもあり、高収入を稼ぎたいなら生徒をたくさん集めなければなりません。

 

完全独立開業

 

自由度は高く、収入はすべて自分の利益になります。

 

ですがフランチャイズとは違い、「安心して子供を預けられる」ブランド゙名がないため、生徒を集めるための宣伝と人脈、そして、研修などがないため、企画力も必要になります。

 

英会話スクールを開業するための準備をすべて、自分でしなければなりません。

児童英語教師の資格で就職

・こども英会話スクールに就職する

 

こども英会話スクールの教師(講師)の求人募集を求人広告や、ネット求人、ハローワークなどで探します。

 

雇用形態はアルバイトやパート、非常勤講師が比較的多いですが正社員を募集しているところもあります。

 

教員免許は不要になります。

 

求人募集の応募条件では未経験者歓迎とあっても、多くの場合が短大、大卒以上、英語力のある人、英検2級以上、TOEIC700点上などを対象に募集している場合が多いです。

 

研修もあり、毎月決まった収入が入ってくるので未経験者も安心して働けます。

児童英語教師の活躍の場

・小学校英語指導者の資格を取得し、小学校で英語を教える。

 

・保育士の資格を生かして幼稚園や保育所などで子供たちに英語を教える。

 

・地域のボランティア活動に参加する

 

・子供向け英語教材・絵本・雑誌等の制作にかかわる

 

 

など、児童英語教師はさまざまなところで活躍が期待できます。

 

現在児童英会話スクールも増え、これからもますます需要は高まっていきます!

 

興味があれば今すぐにでもはじめたいですね。

 

児童英語教師の資格小学校英語指導者資格

児童英語教師の通信講座をまとめて資料請求

↓↓↓

児童英語教師

brushup学びは資格探し・スクール・通信講座情報サイトです。

気になる講座を20件までまとめて無料資料請求ができるので児童英語教師の資格・通信講座をじっくり比較検討したい方におすすめです。

検索方法は

カテゴリー「語学・語学教師・翻訳、通訳」→児童英語教師(通信講座)