児童英語教師の資格とスキル

児童英語教師とは?

児童英語教師とは幼児から小学生(3才〜12才)の子供に英語を教える教師の事です。

 

小学校で教える英語の先生というよりも、こども英会話教室などで働く資格になります。

 

児童英語教師の資格小学校英語指導者資格

児童英語教師の通信講座をまとめて資料請求

↓↓↓

児童英語教師

brushup学びは資格探し・スクール・通信講座情報サイトです。

気になる講座を20件までまとめて無料資料請求ができるので児童英語教師の資格・通信講座をじっくり比較検討したい方におすすめです。

検索方法は

カテゴリー「語学・語学教師・翻訳、通訳」→児童英語教師(通信講座)

 

小学校英語指導者資格も資格名こそは違いますがほぼ同じ職業になります。

 

児童英語教師のニーズ

 

2011年に全国の公立小学校で英語必修科目になる事が決まり、2020年には小学校3年生から外国語活動必修化、5年生からは国語や数学のように教科化がされることが決まっています。

 

2020年といえばオリンピックの年ですね。

 

英語が教科化されより関心を持っているのは子供達よりも保護者の方です。

 

3才から英語にふれさせたい、英語教室に通わせたい、そんな親はたくさん増えています。

 

今までも、小学校から塾に通う子供は多いですが、算数や、国語が多く英語は中学から・・・が一般的だったのではないでしょうか?

 

教科化されるということは、小学生の塾にカリキュラム化されたり子供英語教室が増えるという事。

 

英語の塾が増えれば子供に英語を教える教師を増やさなければなりません。

 

児童英語教師は、子供英会話教室に就職、すきま時間にできるアルバイトやパート、自宅でできる副業・独立開業など、これからますますニーズ゙が高まると注目されている資格になります。

児童英語教師になるには

児童英語教師になるには、英語力と児童英語教師としての指導力を身に付けることです。

 

児童英語教師には小学校英語指導者・児童英語インストラクター資格といった専門の資格もあります。

 

児童英語教師の資格は、ただ英語力だけではなく子供に英語を教えることができる指導力を証明します。

 

特に、子供英語教室の独立開業を目指す人は児童英語教師養成講座などで学び、資格取得をおすすめします。

 

その理由は、児童英語教師養成講座などでは独立開業のバックアップに力を入れているためです。

 

高校生からの進路を選ぶなら、語学力を学べる英語・外国語科、児童英語教師を目指せる専門学校や大学に進みます。

 

興味があると思ったときがはじめ時です。
時間はあっという間にすぎていきます。

 

児童英語教師の必要スキル

さて、児童英語教師に必要なスキルは何でしょうか?

 

児童英語教師は、絵本やゲーム、歌などを使い遊び感覚で英語を教え、英語の楽しさ教えます。

 

小学生〜年齢が上がれば授業内容のレベルも上がっていきますが、絵本やゲーム、歌などを使う授業は教師というよりも保育士に近いですね。

 

そこで児童英語教師に必要なスキルは、確かな英語力はもちろん、子供たちが飽きないような楽しい授業ができる指導力です。

 

英語ができる目安として
少なくとも英検2級以上
TOEICテストのスコアが600点以上。

 

それに加え、児童英語教師養成コースの受講経験、
小学校英語指導者資格取得、
英語指導経験、海外留学の経験、
教員資格、
児童心理学や、保育士などの資格を持っていれば就職には大変有利です。

 

 

児童英語教師の資格小学校英語指導者資格

児童英語教師の通信講座をまとめて資料請求

↓↓↓

児童英語教師

brushup学びは資格探し・スクール・通信講座情報サイトです。

気になる講座を20件までまとめて無料資料請求ができるので児童英語教師の資格・通信講座をじっくり比較検討したい方におすすめです。

検索方法は

カテゴリー「語学・語学教師・翻訳、通訳」→児童英語教師(通信講座)