TOEICとは?TOEIC3つのテストの特徴

TOEICとは?TOEIC3つのテストの特徴

TOIEC・英語の講座をまとめて資料請求

TOEIC
brushup学びは資格探し・スクール・通信講座情報サイトです。
気になる講座を20件までまとめて無料資料請求ができるので英語の資格・講座をじっくり比較検討したい方におすすめです。

 

 

英語の試験といえばTOIECが有名ですね。

よく耳にするけどTOIECは一体どういったテストなのでしょうか。

 

TOIECは、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通の資格試験になります。

 

◆TOEICの正式名称◆

 

国際コミュニケーション英語能力テスト

 

◆TOIECの特徴◆

 

テスト結果に合格・不合格はなくスコアで評価されるのが特徴です。
常に一定の評価基準でテスト問題は、説明文も含めてすべて英文のみで構成されています。
TOIECのテストは年10回開催され受験資格は特になく、子供・小学生でも誰でも受験できます。

 

英語のコミュニケーション能力を就職活動や昇進、また入試などで企業や学校に証明するために活用されています。

 

TOEICは3つのテストがあります。

 

@TOEIC L&R(TOEICR Listening & Reading Test)
一般的にTOEICテストといえばこのTOEIC L&Rをさしています。
英語コミュニケーション能力をスコアで評価します。
リスニング45分間とリーディング75分間のテスト

 

・マークシート方式
・スコア 10〜990点で評価

 

目的:就職活動・転職活動

 

ATOEIC Bridge Test
英語の学習を始めたばかりの方を対象にTOEIC L&Rよりもやさしい入門編として実施されている試験

 

リスニング25分間とリーディング35分間のテスト

 

目的:旅行などで使える日常英会話

 

・マークシート方式
・スコア 20〜180点で評価

 

BTOEIC S&W(TOEICR Speaking & Writing Tests)

 

対象:
TOEIC L&Rで高いスコアを出している方の次のステップ
英語コミュニケーション能力が高い

 

目的:ビジネス英会話

 

スピーキング20分間とライティング60分間のテスト
パソコンを使用したテストになります。
ビジネス英語・企業で実戦的な英語力を評価します。

 

※英語のスピーキング能力だけのテストTOEIC Speaking Testも実施されています。

 

 

・リスニング・・・聞く
・リーディング・・・読む
・スピーキング・・・話す
・ライティング・・・書く

TOEICテスト日程・試験会場

◆TOEIC L&R試験日程◆

 

2月8月以外の年10回

 

1月・3月・5月・6月・7月・9月・10月・11月・12月

 

日曜日に開催されます。

 

試験会場
全国80都市で実施。

 

※受験地ごとに実施回数が異なります。

 

試験が年10回ある受験地
札幌・仙台・つくば/県南・埼玉・千葉・神奈川・東京・金沢・岐阜・静岡・名古屋・豊橋・四日市・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・岡山・福岡

 

※変更有

 

◆TOEIC S&W試験日程◆

 

毎月日曜日・午前と午後各1回  年24回

 

試験会場
全国主要都市(東京・名古屋・大阪など)

 

◆TOEIC Speaking試験日程◆

 

毎月日曜日・午前と午後各2回  年48回

 

試験会場
東京・名古屋・大阪の会場のみ

 

◆TOEIC Bridge Test試験日程◆
年4回

 

試験会場
全国13都市(札幌・宮城・埼玉・千葉・東京・神奈川・名古屋・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡)で開催。

 

TOIEC・英語の講座をまとめて資料請求

TOEIC
brushup学びは資格探し・スクール・通信講座情報サイトです。
気になる講座を20件までまとめて無料資料請求ができるので英語の資格・講座をじっくり比較検討したい方におすすめです。